Enjoy Global Life http://www.alimguzin.com 2022-06-09T06:00:00Z hourly 1 2000-01-01T12:00+00:00 5G対応スマホの「Black Shark 5」とは? http://www.alimguzin.com/2022/06/10/text-20220610/ 2022-06-09T06:00:00Z admin “5Gを活用することによって遠く離れた場所からでも低遅延で情報伝達することができるため、5Gに対応しているスマートフォンも注目されています。 その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、 [...] “5Gを活用することによって遠く離れた場所からでも低遅延で情報伝達することができるため、5Gに対応しているスマートフォンも注目されています。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「Black Shark 5」という5Gスマホがあり、超高速通信が利用できる5G通信に対応した高性能CPUや3Dゲームなどの激しい動きでも滑らかに再生する高精細大型ディスプレイ、誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラや長時間の旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約54000円でRAM12GB/128GBモデルが約58000円でRAM12GB/256GBモデルが約64000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約10ミリ、重さ約218gといった誰でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグレー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している4650mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(JOYUI 13)でサイド指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで液冷システムやイヤホンジャック、防水・防塵機能やデュアルステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
5G対応スマホの「realme GT 2 Pro」とは? http://www.alimguzin.com/2022/04/20/text-20220420/ 2022-04-19T06:00:00Z admin “5Gは高解像度の動画配信が可能になりますし、lotの普及や社会インフラを大きく変えるシステムともされています。 その5Gに対応しているスマートフォンは低価格のローエンドクラスから高価格のハイスペッククラスま [...] “5Gは高解像度の動画配信が可能になりますし、lotの普及や社会インフラを大きく変えるシステムともされています。
その5Gに対応しているスマートフォンは低価格のローエンドクラスから高価格のハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「realme GT 2 Pro」という5Gスマホがあり、コントラストがはっきりとした美しい写真が撮影できる高性能カメラや充電切れの心配なしで朝から夜まで好きなことを楽しめる大容量バッテリー、タスクを高速かつ効率的に処理する高性能CPUやどこでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約72000円でRAM8GB/256GBモデルが約77000円でRAM12GB/256GBモデルが約83000円でRAM12GB/512GBモデルが約92000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約189gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグリーン、ブルー、ホワイト、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイは解像度WQHD+ 3216×1440でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 8 Gen1 SM8450 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+マクロ撮影ができる約300万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.5の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(realme UI 3.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
5G対応スマホの「vivo T1x」とは? http://www.alimguzin.com/2021/12/26/text-20211226/ 2021-12-25T06:00:00Z admin “4Gスマホを使用していると遅延が発生してイライラすることがありますが、5Gに対応しているスマートフォンなら低遅延ですので快適に楽しむことができます。 その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種があ [...] “4Gスマホを使用していると遅延が発生してイライラすることがありますが、5Gに対応しているスマートフォンなら低遅延ですので快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「vivo T1x」という5Gスマホがあり、高コントラストかつシャープな色彩で映像の美しさと高い没入感も味わえる高精細大型ディスプレイや被写体の細かいディテールまでも写し取れる高性能カメラ、ヘビーに使用しても1日余裕で持ってくれる大容量バッテリーや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約29000円でRAM8GB/128GBモデルが約31000円でRAM8GB/256GBモデルが約34000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約190gという片手でも扱いやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはパープル、ライトブルー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2408×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは44Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 900 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約5000万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(OriginOS 1.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーや防水・防塵機能、イヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
5G対応スマホの「Black Shark 4」とは? http://www.alimguzin.com/2021/10/19/text-20211019/ 2021-10-18T06:00:00Z admin “4Gから5Gに変わることでリアルタイムな操作が遅延なく行えるようになり、これが自動車の自動運転や遠隔治療などの分野でも効果を期待できるようになります。 その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種が発売 [...] “4Gから5Gに変わることでリアルタイムな操作が遅延なく行えるようになり、これが自動車の自動運転や遠隔治療などの分野でも効果を期待できるようになります。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「Black Shark 4」という5Gスマホがあり、簡単に色鮮やかな写真を撮影できる高性能カメラや色鮮やかで発色が良くバッテリー消費が少ない高精細大型ディスプレイ、タスクを高速かつ効率的に処理する高性能CPUや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/ストレージ128GBモデルが約6万円でRAM12GB/ストレージ256GBモデルが約72000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約220gという誰でも持ち歩きやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグレーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(JOYUI 12.5)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IPX2)や液冷システム、デュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
5G対応スマホの「OPPO A94 5G」とは? http://www.alimguzin.com/2021/10/10/text-20211010/ 2021-10-09T06:00:00Z admin “5Gの通信速度は従来のLTEの約1000倍になるとされていますので、高画質動画の視聴やインターネット閲覧などが快適なると思います。 その5Gに対応しているスマートフォンは高性能モデルから低価格モデルまで様々 [...] “5Gの通信速度は従来のLTEの約1000倍になるとされていますので、高画質動画の視聴やインターネット閲覧などが快適なると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは高性能モデルから低価格モデルまで様々な機種がありますが、その中の一つに「OPPO A94 5G」という5Gスマホがあり、不自然には見えない範囲で映える写真を撮れる高性能カメラや5Gの高速通信や高度な画像処理を実現する高性能CPU、高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約48000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約173gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している4310mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 800U 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、パノラマモード、スローモーション撮影、レーザーオートフォーカス、電子式手ぶれ補正、ビューティーモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ColorOS 11.1)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
eスポーツ公認のゲーミングスマホ「docomo Xperia 1 II」 http://www.alimguzin.com/2021/07/23/text-20210723/ 2021-07-22T06:00:00Z admin “SamsungのGalaxyシリーズと比較されることが多いXperiaシリーズですが、最近では、ゲーミングスマホのランキングサイトで、docomo Xperia 1 IIのほうが上位に位置する傾向にあります [...] “SamsungのGalaxyシリーズと比較されることが多いXperiaシリーズですが、最近では、ゲーミングスマホのランキングサイトで、docomo Xperia 1 IIのほうが上位に位置する傾向にあります。
これはdocomo Xperia 1 IIのほうがスペック的に上回っているから・・・だけでなく、eスポーツにも絡んでいる事情があるため、今のような人気を得ているのではないか・・・という意見が多いです。
docomo Xperia 1 IIの価格ですが、「販売価格は約123,000円、スマホおかえしプログラム適用では約82,000円」となります。今では、docomoから販売されるスマートフォンの中でも、最高の人気を誇るdocomo Xperia 1 IIですが、なにも販売実績がよいので人気が高いわけではありません。
docomo Xperia 1 IIはスペックも高く、「本体サイズが約166(H)×約72(W)×約7.9(D)mm、画面サイズは約6.5インチ、重量は約181g、ボディカラーはブラック・ホワイト・パープル」となります。特筆すべき点は、5G対応スマートフォンとは思えないほど軽量化に成功しているところでしょう。一般的なスマートフォンの場合、重量が190~230gの間とされていて、5G対応スマートフォンの場合は200g以上は珍しくありません。スマートフォンの場合、ゲームプレイ時にスマートフォンを支えるような格好でプレイしないといけないため、今では、プロゲーマーなどが重量を気にするようにもなってきました。
docomo Xperia 1 IIは処理性能も高く、「RAM/ROMが8GB/128GB、OSはAndroid 10、CPU Snapdragon 865、バッテリー容量は4000mAh」となります。ただしSamsungの最新モデルと比較した場合、すべての面でdocomo Xperia 1 IIのほうが劣っているため、スペックに妥協したくない人は、Samsung Galaxyシリーズの購入検討を進めたほうが賢明でしょう。
しかしdocomo Xperia 1 IIは、「ディスプレイが4Kの有機EL X1 for mobile、生体認証は指紋認証あり」となっていますので、グラフィック性能や認証機能については高い評価を得ています。
補足となりますが、ハイスペックゲーミングスマホと普通のゲーミングスマホの境界線となるのは、「CPUが最新のものか、RAMは6GB以上となっているか」をチェックすることが肝要です。docomo Xperia 1 IIのようなハイスペックゲーミングスマホは、RAM8~12GBを採用しているので、こちらのチェックを怠っていないだけでも、かなり満足のいくハイスペックゲーミングスマホと出会えるでしょう。
その他の情報としては、docomo Xperia 1 IIは「eスポーツ大会の公式端末として採用」されている事実があります。そのため今では、eスポーツプレイヤーから愛用されいてるモデルとなりました。”東京オリンピック楽しみです。東京2020オリンピックのワールドワイド公式パートナーサムスン電子公式ページ

]]>
精度の高い2画面でスマートフォン市場を席巻する「LG V60 ThinQ 5G」 http://www.alimguzin.com/2021/07/16/text-20210716/ 2021-07-15T06:00:00Z admin “最新のスマートフォンは2画面が当然と思わせるほど、スマートフォンシェアに影響を与えたものが、「折りたたみ可能なスマートフォン、着脱可能なスマートフォン」です。その中でも、LG V60 ThinQ 5Gの着脱 [...] “最新のスマートフォンは2画面が当然と思わせるほど、スマートフォンシェアに影響を与えたものが、「折りたたみ可能なスマートフォン、着脱可能なスマートフォン」です。その中でも、LG V60 ThinQ 5Gの着脱可能なスマートフォンについては、スマートフォンランキングで上位に位置するほどの人気となっています。
すでに折りたたみ可能なスマートフォンはあるのですが、実際に使用しているユーザーにとっては「無難な使いやすさ」ということで、LG V60 ThinQ 5Gの着脱可能なスマートフォンより劣るというレビューが増えてきました。
そんな新しいトレンドを生んだLG V60 ThinQ 5Gの特徴ですが、「5G対応、6.8インチ」のスマートフォンとなります。折りたたみ可能なスマートフォン、着脱可能なスマートフォンには大きな特徴があり、それは「サイズアップが容易」というポイントです。ものによっては7インチ以上のスマートフォンもありますので、大画面の迫力を思う存分楽しみたい人であれば、LG V60 ThinQ 5Gなどを選択したほうが賢明でしょう。
LG V60 ThinQ 5Gの価格ですが、「docomoショップであれば約11万8000円、SoftBankショップであれば約13万9000円」で購入できます。折りたたみ可能なスマートフォンは11~17万円の価格帯で販売されているものが多いため、LG V60 ThinQ 5Gはリーズナブルな価格設定と言えるでしょう。
LG V60 ThinQ 5Gのスペックですが、「サイズがW約78×H170×D9.2mm、重量は約218g、ディスプレイは約6.8インチの解像度が2460×1080ピクセル」となります。従来のスマートフォンは重量が200gを切りますので、基本的にLG V60 ThinQ 5Gのようなスマートフォンは、若干重いと思っておいたほうが良いでしょう。
使いやすいLG V60 ThinQ 5Gは処理性能もよく、「CPUがQualcomm Snapdragon 865 オクタコア、RAMは8GB、バッテリー容量は約5000mAh、Wi-FiはWi-Fi6を採用」となっています。ハイエンドモデルの場合、RAMが12GBのものもあるのでLG V60 ThinQ 5Gの処理性能は特別高いわけではありません。ですが、Soc、CPUに最高のものが採用されているので、最新のゲーム、処理が重くなる映画視聴などでも、LG V60 ThinQ 5Gに不満点はほとんどないとされています。
また、Samsungなどで見られる折りたたみ可能なスマートフォンとの違いですが、LG V60 ThinQ 5Gは着脱可能なだけでなく、「サブディスプレイで画面を拡張する」という画期的なシステムが導入されています。これによりわずかながらのサイズアップでも、実際の画面の迫力は増す仕様となっているのです。
ちなみにLG V60 ThinQ 5Gは、ゲームプレイについても考慮されているスマートフォンです。画面を拡張することが可能となっているため、ゲームの操作パッドを表示することも、LG V60 ThinQ 5Gであれば可能となります。今のところ、このような仕様を持つスマートフォンは無いので、ゲーム性を存分に引き出せるスマートフォンを探している場合は、LG V60 ThinQ 5Gを選んだほうが賢明かもしれません。”

]]>
moto g9 playとmoto g PRO! http://www.alimguzin.com/2021/05/29/text-20210529/ 2021-05-28T06:00:00Z admin “5000mAhの大容量バッテリーにトリプルレンズを搭載しながら、驚きの2万円台というコスパ最強のSIMフリースマホ「moto g9 play」が発表されました。moto g9 playは、モトローラ・モビリ [...] “5000mAhの大容量バッテリーにトリプルレンズを搭載しながら、驚きの2万円台というコスパ最強のSIMフリースマホ「moto g9 play」が発表されました。moto g9 playは、モトローラ・モビリティ・ジャパンが2020年10月30日に発売した最新のSIMフリースマホで、人気のmoto gシリーズとしては第9世代型となります。またもう一つ、同シリーズで本体価格が3万円台の「moto g PRO」も発表されました。こちらは、スタイラスペンがついたビジネス向けモデルです。手書きで書いたようなメモを簡単にデータとして残せるので、非常に便利です。普段から仕事でスマホを使う方におすすめします。
またカメラ性能は、4800万画素のメインカメラをはじめ200万画素のマクロカメラと深度センサーを搭載したトリプルレンズとなっており、美しい写真が簡単に撮れます。普段からポートレートモードをよく使う方にはmoto g9 playをおすすめします。moto g PROは、人以外の背景をぼかすことはできないので迷った時は、二つの機能を比べながら検討してみてください。
またmoto g PROには、スタイラスペンが搭載されています。これにより、手書きで残したメモをデータ化したり、文字では描けないメモを簡単に残すことができます。ただし、スタイラスペンの性能はそこまで高価なものではないので、あまり期待しない方がいいでしょう。普段、紙にメモをしているけどなくしてしまったり、どこにあるのか分からなくなってしまったという時にさっとスマホに残せる便利な機能、という程度に抑えておくといいですね。それでも、スタイラスぺスを引き出すだけで、専用のランチャーが作動させることも可能なので、仕事用として使いたい方におすすめします。
またAndroid Oneを搭載したmoto g PROは、二年間の月次アップデートが保証されています。これにより、毎回最新のOSをアップデートすることが可能なので使いやすさも抜群です。
この他は、CPUにsnapdragon662を搭載したmoto g9 playと、snapdragon665を搭載したmoto g PROとなっていて、性能的には大きな違いはありません。ただし、4GBのRAMは同じですが64GBのmoto g9 playと、128GBのmoto g PROでストレージに違いがあるので注意しましょう。是非、モトローラの最新SIMフリースマホを検討してみてはいかがでしょうか。”

]]>
大画面スマホ!OnePlus 8 Pro http://www.alimguzin.com/2021/05/19/text-20210519/ 2021-05-18T06:00:00Z admin “世界で売上5位を誇る大人気スマホメーカー、OPPOのフラグシップモデル「Oneplus 8 Pro」をご紹介したいと思います。スマホの買い替えを検討している方、新しいモデルが気になる皆さんも是非参考にしてく [...] “世界で売上5位を誇る大人気スマホメーカー、OPPOのフラグシップモデル「Oneplus 8 Pro」をご紹介したいと思います。スマホの買い替えを検討している方、新しいモデルが気になる皆さんも是非参考にしてください。
実はOnePlus 8 Proは当初、赤外線カメラが搭載された新しいスマホということで非常に注目を集めていました。ちょっとした布やプラスチックであれば、透過して撮影できるということでしたが実際のところはどうなのでしょうか。カメラ性能のが気になる方も、最新のスペックが気になる方も一緒に見ていきましょう。
まずは、スペックについて見ていきます。大きな特長としては、6.78インチの有機ELディスプレイを搭載した大画面スマホである点です。最近では、6.5インチを上回るデザインが多く画面は大きい方が見やすいなと思っている方には十分なサイズと言えます。またCPUにはsnapdragon865を搭載しており、120Hzのリフレッシュレート搭載、四眼カメラに画面内指紋認証、Antutuスコアは脅威の57万点という今までにないハイスペックなスマートフォンとなっています。また屋外でも使いやすい顔認証機能にも対応しているので、早くロックを解除したいという時にも便利です。
ただし、おサイフケータイには対応していないので注意してください。それ以外は、3168 x 1440と解像度も非常に高く、画面の明るさ、美しさは文句なしです。画面が大きく、発色が綺麗なので被写体をより美しく綺麗に映し出してくれます。また明るさを調整してくれる基準が他スマホと比べて、明るいため暗い場所で撮影しても明るく撮れます。
そしてセキュリティーの面でも安心して使える指紋認証と顔認証、両方に対応している点は嬉しいですね。ただしディスプレイにガラスフィルムを貼り付けてしまうと、画面内指紋認証機能は使えないので注意してください。
最新のCPUを備えており、最強と言われているOnePlus 8 Proですがバッテリー持ちはあまりよくありません。4510mAhのバッテリーを搭載していますが、やはり6.78インチと巨大ディスプレイになるとそれだけバッテリーも消費してしまうようです。それでも本体重量が199gと軽量である点をみると、軽さを実現しつつ必要なバッテリーを搭載した形になっているといえます。そのあたりも、バランスを見ながら検討してみてくださいね。
その他は、顔認証機能が暗闇だと少し反応しづらいという点はありますが、カメラの明るさや高解像度の美しいディスプレイと優れたデザイン、かつ二つのアプリを表示できるツインアプリにも対応している点は嬉しいですね。
是非、新しい候補として考えてみてはいかがでしょうか。”参照

]]>
最新モデル!arrows NX9とは http://www.alimguzin.com/2021/03/31/text-20210331/ 2021-03-30T06:00:00Z admin “今流行りの5Gスマホ「Redmi Note 9S」とは、一体どんなスマートフォンなのか詳しくみていきたいと思います。シャオミの最新スマホが気になっている方、新しい機種に変更したい方は是非候補の一つとして検討 [...] “今流行りの5Gスマホ「Redmi Note 9S」とは、一体どんなスマートフォンなのか詳しくみていきたいと思います。シャオミの最新スマホが気になっている方、新しい機種に変更したい方は是非候補の一つとして検討してみて下さいね。
Redmi Note 9Sは、Redmiシリーズの中でもミッドレンジモデルにあたるスマートフォンです。必要な機能は備えながらも本体価格が2万円台というコスパの良さから、人気を集めています。そんなNOTE 9Sのディスプレイは、6.67インチで重量は209gとかなり重いので持ち運びのしやすさで選びたい方には不向きかもしれません。片手で操作したり、ポケットに入れて持ち運べるスマホをお探しの方にはおすすめできませんが、大画面ディスプレイで迫力のある映像を楽しみたいという方にはおすすめします。ちなみになぜこんなに重めなのかというと、4800万画素のメインカメラをはじめとする四眼レンズを搭載していたり、5020mAhの超大容量バッテリーを搭載しているからです。一度の充電でしっかり長持ちするスマホをお探しの方、外出先や出先でスマホを使う機会が多い方におすすめです。
また画面占有率も驚きの91%となっており、ベゼルも少なく動画を見たりゲームをする時に迫力のある映像を楽しめます。CPUにクアルコム製のsnapdragon720Gを搭載している点も大きな魅力といえますね。本体価格が2万円台と破格なのに、これだけの性能を搭載しているスマホも珍しいです。もし今お使いのスマートフォンがゲーム中にカクカクしたり、レスポンスが遅いなと感じる方はCPUを確認してみてください。スマホでゲームをする時は、画面をタッチしてからの反応が遅かったり、画面をスクロールする時に残像が残るという場合は新しいスマホに換えてみるといいかもしれません。
どうしてもバッテリーが切れてしまった時には、18Wの急速充電にも対応しているので短時間でさくっと充電できます。時間がない時や外出先でもささっと充電できるスマホがいいな、という方にもおすすめします。
しかも四眼レンズ搭載でAI撮影にも対応しているので、カメラが自動で認識して綺麗な写真を撮ってくれる点も魅力です。AI機能がついた四眼レンズ搭載のスマホでこの価格は、他にはないでしょう。また3D曲面ガラスと優れたグリップ搭載で、スマホを使って最高の使いやすさを実現しています。
Redmi Note 9Sは、とにかくコスパの良いスマホをお探しの方、カメラ機能もバッテリーも妥協したくないそんな方におすすめのスマートフォンです。”

]]>